勝率9割!という噂の「FXトレードマスター」の実践ブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TOKYO GAITAME SHOWに行って来ました
2006年04月01日 (土) | 編集 |
絶好のお花見日和にもかかわらず、行って来ましたTOKYO GAITAME SHOW。
ブログのタイトルじゃないですが、花より団子とはまさにこのこと。
FX初心者の私としては、百戦錬磨のプロディーラーのお話をぜひ聞いておきたいと思ったわけです。

セミナーは3部構成で、最初は元財務省の国際金融局総務課長の溝口善兵衛氏。
激動する世界経済の中で、ドル・ユーロ・円・人民元はどうなるのか?
について語ってくれました。
うろ覚えですが‥

・アメリカ
経済はそろそろやばいんじゃないか?といわれているが、当面は大丈夫そう。住宅バブルは弾けても、そこまでのダメージにはならない。貿易の赤字も、黒字国が余ったお金を運用する通貨は主にドルになるので、大きな問題ではない。競争に対するプレッシャーや変化の早さを持っている国。

・日本
競争力や変化の早さでは、アメリカに追いついてきた。今後の経済の見通しは明るい。

・ユーロ圏
ドイツ、フランスが中心だが、経済の改革はアメリカや日本に比べて遅れている。(今フランスで起きている雇用問題などを例に)改革にはまだ時間がかかりそう。

・中国
ドルに対しては、徐々に変動幅を広げて行くでしょう。

第2部は、自他共に認めるアメリカ政治オタクの吉崎達彦氏
アメリカ中間選挙の見通しと為替相場の影響について語ってくれました。

アメリカですが、経済はともかく、政治はちょっとやばい感じだそうです。
ブッシュさんの支持率が30%なんだそうで、これは日本の感覚だと一桁代の支持率に相当するとか。ありえないくらい低い。

なので、もしかしたらブッシュさんの支持政党、共和党‥だったかな。
が選挙で負けてしまうと、大統領と議会の勢力がねじれてしまって変なことになってしまうんだそうな。

そうすると、為替にも影響を与えて円高ドル安になる可能性があるのだそうです。

ドルを買っている人は中間選挙の結果に注意!

第3部は、外貨ブログで活躍されている酒匂隆雄氏、今井雅人氏、田平雅哉氏によるパネルディスカッションでした。

FXは、常に儲けようとすると非常に難しい。個人投資家ははっきりしたトレンドが出ている時など、やさしい相場の時にだけ取引したほうがよい。常にポジションを持っている必要はないのだから。休むも相場。

金利は外貨取引をする上での一つの判断要素でしかない。金利が良いという理由だけで外貨を買うのは非常に危険。去年までは相場の動きがシンプルだったので金利メリットがあったが、今年は金利のメリットはほとんどない。

今年は中盤から後半にかけて円高に向かう。

こんな感じだったかな。

なんか、
チャララッチャッチャッチャー♪
投資家レベルが1あがった
すばやさが1あがった
かしこさが1あがった
みくたんはソンキリをおぼえた

という気分。



さあ、あなたも!レッツ1クリック

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。